たんなる語学留学ではもったいない、実りある海外留学を果たしましょう!

中学レベルの英語でも大丈夫!まず自己紹介の用意をしておきましょう

 

“海外留学を考えている人にとって、どの程度の英語のレベルが必要かについては悩ましい問題かもしれません。でも、出発前は中学英語を使えるだけで充分ですよ。それよりも、自分で自分のことをはっきり伝えられる積極性の方が必要です。逆の立場になって考えるとわかると思いますが、日本に留学に来られている方が、一生懸命日本語を話す時は、私たちもその意図を汲み取ろうと思いながら聞くと思います。留学先では多少英語が間違っていても、そのことについて笑ったりするような人はいませんので、気にせずどんどん話しかけて積極的な姿勢を見せましょう。

海外の人が日本人の一番困ってしまうのが、ブランクフェイスと言って無表情であることだと話すことがあります。非言語コミュニケーションといって、うなずいたり、笑ったりと言葉を必要としなくても、相手とのコミュニケーションはできるはずです。そこにより良い円滑な人間関係を築く上で必要なのは、中学レベルの英語と簡単な自己紹介が挙げられるでしょう。

 

 

基礎的語学力は必要、でも海外でより上級の語学学習って意味あるの?

 

もう一度言いますが、短期留学にチャレンジしたいと思っている人は基礎的な語学力だけでいいのです。肩に力を入れて仮定法過去完了や現在完了進行形などは必要ありません。ただし、基礎学力が足りない場合、ただ外国に旅行したというだけで、学費はドブに捨てたのも同然になります。ですから高校受験の英語参考書だけはきっちりとおさらいしておきましょう。語学学習というのは自宅でもできますし、その人が持っている学力をスコアで示す試験は日本でも受けられます。ですからわざわざ海外に行ってまで語学スキルをさらに磨こうとするのは立派にも見えますがもっと貴重な体験を得られるチャンスを逃していることになりませんか?私は語学のための留学は反対ですね。

 

大切なのは一生ものの宝となる出会い、人脈づくり

 

だったら何のために留学するのかって?

 

海外に行って試してみる価値のあるものとして、たとえばディベートはどうでしょうか?英語というのは自分の意見をはっきり表す最強の道具なのです。ディベートと聞くと、経験も少なく、日本人には難しいと思われがちですが、ほとんどの場合は慣れることで解決します。もちろん自分の語学力を考えると引っ込み思案になりがちだと思いますが、みんなはあなたの語学力よりも、何をどう伝えたいのかの方に意識がありますので、臆せず話すことが必要です。ヒートアップすることもあるでしょう。でも、それはその人にではなく、その意見にといった気持ちが大切です。ディベートの後のブレイクタイムで、和やかな時間を共有することで、そこにいる人たちとの絆を深いものにして行くことでしょう。そのフォローとなるのが中学英語なのです。

 

一番敬遠されるのは、自分の意見が無いことです。どっちでもいいよ、とか、曖昧な態度を好む私たちにとって白黒つけることは最初は大変かもしれませんが、実は自分の気持ちに素直に従うことでいいのです。今までしてこなかった分、難しいこともあるかもしれませんが、自分に正直にはっきり意見をいうことは海外ではとても大切なことです。些細なことでも自分の気持ちに正直に伝えることが、多くの友達を作り、充実した留学生活を送るコツです。自分がどうしたいのか、自分は何を伝えたいのか、もう一度自分自身で考えて見るのもいいことかもしれませんね。外国に日本のやり方や文化を当てはめることはできません。自分が留学先のひとつのピースになってぴったりと当てはめることができるような生き方に挑戦してみましょう。カルチャーショックという洗礼を受けてみてください。絶対に貴重な経験になりますから。

 

オンライン英会話で経験値をあげよう

 

短期間での留学で中学英語がどれほど役に立つか分かっていただけたと思います。ここでぜひ推薦したいものがあります。”スタディサプリを使ったオンライン英会話で基礎的なことから、実用的なことまで学ぶことができれば、留学先に行ってもみんなよりリードした状態で臨めることが経験談より分かっています。

このアプリのポイントは終始自分のペースで学べるということに尽きます。予約もいりません、好きな時に学べますから。私も経験ありますが他のオンライン学習ですと先生やインストラクターとネット上の対面がありますので遠慮してしまうことがあります。心置きなく英語になじむにはマイペースでディクテーションやスピーキングを繰り返した方が断然効果がつきます。留学をしたいと検討中の方は、まずこのオンライン教材でスキルアップされておくことをおすすめします。

 

日本にも英語が話せる人はたくさんいると言っても、流暢に話せる人はまだまだそんなにいないのが事実です。留学先で、困らないスタートダッシュをするのはもちろん、日本にいても英語ができることは自分の力強い味方になってくれるはずです。自信を持つこと、それが英語であればなおさら素敵ではありませんか。ぜひスタディサプリを使って、自分にとって英語が身近な友人になるような関係を築いてみてください。これから生きていくために、英語ができることは小さな宝をひとつ持っていることと同じです。さぁ!壁を壊すのは今です。”